カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

六本木カフェ、客の受動喫煙ワーストはプロント、働く環境ワーストはドトール

アメシスト・ガーネット・ローズクォーツ・薔薇の携帯ストラップ
 2003年5月に健康増進法が施行され、カフェには禁煙席の表示が確かに増えた。しかし、同じフロアで喫煙席がつながっているなど分煙が不完全な店も多い。タバコ煙を避け、安心して過ごせる店はどこなのか。デジタル粉じん計を抱え、六本木にあるカフェ、ファストフード店で計測した。吸わない客にとっての危険度No.1はプロント、働く場として危険なのはドトール、逆に安全度No.1はスターバックスとなった。


【Digest】
◇目が痛むほど高濃度の受動喫煙を体感
◇虚偽表示と言える不完全な禁煙フロア
◇受動喫煙の害に対する危機感のなさ
◇規制値を答えられた会社はゼロ
◇受動喫煙ワーストランキング1位プロント

 今回の対象店は、エクセルシオール、スターバックス、ドトール、ファーストキッチン、プロント、マクドナルド、モスバーガー。

最新職場環境情報は・・・職場環境 人気ブログランキング




 五月晴れとなった休日の昼過ぎ、六本木駅を出て東京ミッドタウン方面へ。外苑東通りをはさんで向かいにある「ドトール六本木7丁目店」から、カフェ巡りを開始した。同行者はMyNewsJapan編集者の山中登志子さんで、彼女も私も非喫煙者だ。

 各店舗では、まず禁煙席で10分間、続いて喫煙席で30分間、タバコ煙の濃度を測定した。測定に使用したデジタル粉じん計は空気中に浮遊する粉じんの濃度を測定してリアルタイムにデジタル表示できる機器で、法律上もタバコ煙を含む粉じんの測定機器として認められている。

 目安として、デジタル表示の数値(cpm)が188を超えれば、健康増進法(努力義務のみで罰則なしの無意味な法律)や労働安全衛生法(職場の浮遊粉じんについて規制しているがタバコは適用事例なし)で規定されている0.15mg/立法メートルの濃度を上回ることになる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【送料無料:本州(離島は除く)のみ】トヨトミ 冷暖スポットエアコンTAD-28HW(Ro)【お取り寄...






◆職場環境 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト

2007年06月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。