カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

虐待などで傷ついた子に隠れ家 名古屋のNPO法人がシェルター開設

医療用成分塩酸ブテナフィン配合佐藤製薬ラマストンMXゲル 17g【医薬品】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070617-00000015-cnc-l23
 【愛知県】行き場のない子どもたちを守ろうと活動するNPO法人子どもセンター「パオ」(事務局・名古屋市東区)が準備を進めてきたシェルター(一時避難所)が、15日開所した。7月7日には、パオの設立1年を記念したイベントも開かれ、絵本作家、五味太郎さんらが参加する。

 子どもたちのための緊急避難の役割を担うのは児童相談所などがあるが、民間シェルターは、パオのほか東京、神奈川の2カ所しかない。パオは弁護士や医療・福祉関係者ら約50人で昨年7月に設立。昨年12月にNPO法人認証を受けた。

 会費や寄付で運営しており、現在会員は約220人。

最新医療情報は・・・医療 人気ブログランキング


虐待や家族関係などから家庭が安全でなく行き場のない子どもたちを守るためのシェルター開設を目指して建物の確保、改修やスタッフ研修などの準備を進めてきた。

 「丘のいえ」と名付けられたシェルターは県内にある一戸建て。個室3室を用意し、当面は女子専用で受け入れる。研修を受けたスタッフが1-3人、24時間体制で常駐。半月から数カ月の滞在を予定し、その間に子どもたちが心の傷を癒やし、就職や自立につなげられるよう援助する。子どもたちの安全のためシェルターの場所は公開していない。児童相談所などとも連携を図っていく。

 パオの多田元・理事長は「念願の子どもたちの“隠れ家”ができてホッとしている。1人でも多くの子どもたちの笑顔が見られるよう活動したい」と意気込みを語る...

ニュースの続きを読む


血行促進!足の疲れを緩和足裏磁気パワーソックス(Mサイズ)送料無料!メール便出荷【代引不可】



◆医療 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。