カワイイワンちゃん☆犬の画像大集合♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マニフェスト検証大会:「上田劇場」に疑問も(その2止) 県政の実情を検証 /埼玉

僕の部下がうつになった…
 マニフェストの達成度をもとに1期目の成果を示した上田清司知事。再選に向けた足場作りを着々と進めるが、数字で言い表されない県政の実情は変わったのか――。上田県政を、「高齢者福祉」「地域経済」「議会」の政策観点から検証した。
 ◇人的整備の面で追い付かない福祉
 さいたま市内のある特別養護老人ホーム(特養ホーム)の男性職員(35)は月に6回、夜勤がある。認知症の高齢者もおり、一睡もできない。だが、大卒1年目の給与は16万~17万円。同僚の女性は結婚を機にほとんど辞めていく。「重労働と給料が見合っていない」と男性職員は訴える。
 上田知事は、特養ホームの整備に県単独で補助を上乗せする助成制度を全国で初めて創設し、受け入れ定員を8500床増の2万床にした。

最新職場環境情報は・・・職場環境 人気ブログランキング


しかし、施設整備に人手などソフト面の体制が追いついていないのが実情だ。
 県社会福祉協議会が昨年8月に実施した、県内1039事業所対象のアンケート(回収率35%)では、06年4月に看護師やヘルパーなどの欠員を抱えていたのは33・8%。一方、同時に行った県内福祉系学校の学生2343人へのアンケート(回収率18%)では、卒業予定生徒の3割が厳しい職場環境を知り、福祉の仕事を希望しなかった。
 飯能市で38年前から特養ホームを運営する社会福祉法人名栗園の石井岱三理事長は「東京都は介護報酬の設定が高く、人材が逃げてしまう埼玉の特殊事情もある」と嘆く...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


雇用形態の多様化と人材開発



◆職場環境 関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年06月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。